WEBデザイナーが現場で求められる大事なスキルとは?

196500068_975e413e16_o

WEBデザイナーが現場で一番求められるスキルとは?

WordPressの使い方、jqueryの使い方、SASSの書き方等。

実はWEBデザイナーが現場で求められる事の大半はそういった技術的なスキルではありません。

今日は現場で求められるWEBデザイナーの大事なスキルをご紹介したいと思います。

 

技術的なトレンドは一歩遅れてやってくる

WEBデザイナーは日々たくさんの情報を学んでいかなければなりません。

DTPはある程度技術が固定されていますが、WEBの分野は常に変化し続けているからです。

ではWEBデザイナーは常に現場で最新技術を導入しているのか?

実は普通の制作会社では、一般的な技術でWEBサイトの構築等は行われています。

委託先のシステム会社ともなれば、モバイルサイトですか?と思わせる様な昔ながらのソースコードで納品される事もしばしばあります。

現場で最新の技術を導入するには周りの環境も影響してくるので、一概に自分だけのスキルで業務を進めるわけには行きません。

ですので勉強する際はあまり最新技術をマニアの様に追う必要はないのかなと感じています。

一過性のトレンドみたいなものもありますから。

 

大事なのは「どうしたいか」という事

よく面接で見受けられるのが、自分は○○ができますとか技術面でのアピールが強すぎる傾向があります。

確かにできる事が多いのはプラス要素で考えますが、それだけだとWEBデザイナーとしてやっていくのは厳しいかもしれません。

では何が重要なのか?

自分が思うWEBデザイナーとして最も重要な事。

それは「どうしたいのか?」を考え、実行できる事です。

実際にどういう事かと言うと、
例えばクライアントから内容は任せるので販促企画で商品のキャンペーンをやりたいというお話を頂きます。

ではこういった際にまず何が必要か?

それは先程もお話したと思いますが、どうしたいのかを考える事です。

アナログで企画を考え、クライアントに提案できる能力。

現場ではこういった能力が大事になってきます。

 

まとめ

WEBデザイナーのお仕事は、通常の事務よりも幅広い能力が必要とされます。

常に柔軟な考え方で、問題解決できる能力が求められます。

技術だけのマニュアル人間ではなく、臨機応変に対応できる能力を養う事をオススメします。

Sponsored Link

コメントを残す